専用当座貸越について

2019-02-25

最近、専用当座貸越という融資の方法が注目されています。

この専用当座貸越とは、貸越伝票または専用のカードにより、限度額の範囲内で、自由に資金を借り自由に返済することができる方法です。 銀行にもよりますが、1000万円から3000万円の範囲内が多いです。 経営者は限度額の範囲内で、従業員の賞与を支払ったり、税金を払ったりするために借入し、資金繰りが楽になったら返済します。

一般当座貸越と違って、専用当座貸越は個人の口座とは独立して機能しています。当座預金がなくても借り入れる事ができます。 当座貸越は、原則、担保付となりますが、担保の評価額の範囲内で当座貸越の極度を設定します。 つまり、無担保で当座貸越の極度を設定されている企業は、優良企業だということの証であり、そうでない場合は必ず担保が必要になります。

まずは、担保なしで、銀行が検討してもらえるかを、聞いてみることから始めましょう。

専用当座貸越による資金調達方法について

2つの当座貸越の制度について


Copyright © 2020 ビクトリー行政書士事務所 All Rights Reserved.