商業手形割引

2019-05-12

最近は少なくなってきましたが、まだまだ製造業や建設業では、手形取引が残っています。

いずれで、電子債権に切り替わっていくものと思われますが、まだまだ古い商慣習がなくなっていくことはないと思われます。

手形を受け取るメリットとしては、銀行に手形を持っていくことで手形を割ってもらえることです。つまり、利息相当額を相殺されたうえで、資金調達が出来るということです。

銀行にとっても手形が担保となって貸し倒れのリスクが軽減するので、金融機関にとっては最も融資しやすい方法であると言われております。しかしながら全く無条件というわけではなく、ごくまれに取引先の信用や自社の信用がない場合に手形を割ってもらえなかったという相談もあります。その場合は銀行との信頼関係の構築が必要になります。

どのように信頼関係を構築していくのかについては、ノウハウがありますので、お問い合わせください。


Copyright © 2020 ビクトリー行政書士事務所 All Rights Reserved.