設備資金について

2014-05-08

設備資金の為の借入れの場合、その資金使徒が見積り等である程度はっきりするので金融機関としては対応しやすい部類の資金と言えます。

論点となるのは、その設備が本当に今必要なのか?どれだけ利益の貢献出来るのか?という返済の見込みなどです。

上記をしっかりプランニングし、事業計画に盛り込む必要があります。

減価償却の期間の中で、どれだけ利益の増加に貢献できるのかを金融機関担当者に理解出来る様、計画を立案・理論武装しなければなりません。

国内における設備投資額がアップすることはすなわち、日本のGDPの向上に他なりません。

安倍政権は設備投資の拡大に間違いなく前向きであり、戦後の過去の内閣と比較して極めて前向きに対応しています。

特に今こそ、攻めの経営を考えている経営者の方には意思決定をサポートする確実なブレインが不可欠です。


Copyright © 2020 ビクトリー行政書士事務所 All Rights Reserved.