創業以外の方法(M&Aとして買収)

2018-09-02

これからビジネスを興したい人の中で、一から起業・創業するという方法もありますが、これからの時代は、中小企業を個人で、M&Aとして買収する方法もあります。

なぜなら、現在の少子化傾向にある時代に、企業の後継者がいないという社会問題があるからです。

後継者がいない企業の中には、黒字の会社もあります。

その場合、従業員さんの中から後継者が輩出されることが理想ですが、会社勤めを希望されて入社されてきた方々なので、

リスクを負ってまで経営をしたくない、銀行借り入れの保証人になるのには抵抗がある。もしくは、会社の株を買い取る資金がないなどの理由で、すんなりとはいかない場合もあります。

これから自らが事業を興していこうという方々の中には、同じリスクを負うのであれば、ゼロから起業するという方法もありますが、赤字企業ではなく、黒字企業の株を購入して、事業と従業員を守るお手伝いしてをしてみるという方法もあります。


Copyright © 2020 ビクトリー行政書士事務所 All Rights Reserved.