事業計画書とは何か

2014-05-02

事業計画書(創業計画書)とは政府系金融機関や制度融資においても、特に創業系の融資において
提出が必須とされている。
通常において、創業者はまだ実績がなく、唯一あるものが今後の事業の計画の見通しである為、
その計画の精度を見る為、金融機関や信用保証協会の貸出の根拠となるもの。

事業計画書は文字通り、事業の計画書であり、あくまでも未来の話しであり、予測に過ぎません。
その予測を売上計画の数字が、明らかに実現可能であると言う事を客観的に示し、かつ、熱意を
持って金融機関に示すものです。

創業の動機、事業の経験、取扱商品・サービス、取引先・取引条件、必要な資金、事業の見通し
など。

充実した内容を完結、かつ、担当者にわかりやすく(先方はその事業に関しては素人です)
伝えるものでなくてはなりません。

当事務所では、実際の経営経験も踏まえ、クライアントである経営者様のビジョンを深堀し

現実的かつ野心的な事業計画書の作成をサポートします。

無論

事業計画書作成がゴールではありません。

持続可能かつ成長する企業の起業の為、当事務所は万全のサポートを図ります。


Copyright © 2017 ビクトリー行政書士事務所 All Rights Reserved.