キャッシュフロー計算書について

2018-09-02

起業・創業したばかりの人が、一番最初に覚えて頂きたい会計資料は、キャッシュフロー計算書です。

言い換えると資金繰り表です。

毎月、本業においてどのくらい現金が残るのか⇒営業キャッシュフロー

投資で、どれくらい現金が増減するのか⇒投資キャッシュフロー

借入や返済で現金がどのように増減するのか⇒財務キャッシュフロー

について、創業計画書作りの中で、レクチャーさせて頂きます。

当初の計画と実際の売上に乖離があったとしても、資金が回るように

黒字企業平均のTKCの経営指標を活用して、キャッシュフローを

検討していきます。

 


Copyright © 2019 ビクトリー行政書士事務所 All Rights Reserved.