地域金融機関の役割

2014-05-11

金融機関は関節金融の担い手として社会的責任を有します。

特に地域金融機関は、地域経済の担い手として地域に、大きな存在意義を有します。

重点的責務として、地域の中小企業への円滑な金融機能の発揮があげられます。

中小企業は一般的に財務基盤が脆弱と言えます。

それゆえ、一時的な赤字や債務超過になりやすいと言う特性があります。

中小企業の活性化なくして、地域経済の活性化も考えられません。

事業再生・継承、ベンチャー企業育成が地域金融機関の事業の柱と

言えます。

特に安倍政権となり、日本経済の新陳代謝としての事業再生・継承

さらには

日本経済復活の為のベンチャー支援にかつてない程のバックアップがなされています。

地域金融機関には認定支援機関としての役割も当然あります。

それぞれの地域金融機関の差別化と併せ

認定支援機関としての役割は当然の事とし、リスクをおってでも融資を拡大を図る

地域金融機関が多く現れても何ら不思議ではありません。


Copyright © 2017 ビクトリー行政書士事務所 All Rights Reserved.